気ままな日々

pups.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2011年 12月 ( 16 )   > この月の画像一覧

お正月準備

b0211899_1331792.jpg松、梅、柳、千両、花餅・・・お正月満載のアレンジが届きました。ありがとう!!お陰さまで玄関は歳神様を迎える準備が整いました。

悲しかったこと、辛かったこと、悔しかったこと、嬉しかったこといろいろなことがあった。
でも今わたしは生きている。
わたしに命をくれた愛する人、わたしを生かしてくれたすべての命。
残されたものはなんとしても生きること。
それが先だった愛する人の命、すべての命への恩返し。
先だったすべての命がそれを一番願っている。
愛する人、すべての命を思う時、
愛する人、すべての命はからだの奥深く、心の奥深いところで守っていることに気づく。
だからどんなに悲しくても辛くても生きる。
生きられる。


それが一番大切なこと。
明日のことはだれにもわからない。
生きていれば泣くこともできる。笑うこともできる。
愛に出会うことができる。
生きよう、自分を生きよう。
愛する人が命がけでくれた命だもの。
すべての命が命懸けで支えてくれる命だもの。
すべての命に感謝し生きよう。
そして、明日へ
命をつないでいこう。
命懸けで。



やり残したこともあるけれど、間にあわないことはできたところまで。今、大切なことへジャンプ!
さぁ、買い出しに行きましょう。毎年ここからは怒涛の2日間。とにかくおせちを作り、31日の夜はてんぷらを揚げ、そばをゆでて年越しそばを食べる。除夜の鐘を聞き零時に夫婦で正座をし、旧年中の感謝の言葉を述べ、新年のあいさつを交わし、今年もよろしくと互いに頭を下げお願する。これが結婚以来続いている我が家の流儀。我が家の正しい新年の迎え方。あと一日半、どこの家にも新しい年はやってくる。整いきらない我が家にも必ず新年はやってくる。できるところまで精一杯の新年を迎える準備をしよう!もうひと踏ん張り!がんばろう!


今年お世話になったみなさま、ありがとうございました。
北風が強く吹いています。
時節柄、ご自愛くださり、よい年をお迎えくださいませ。
by 1212jeff | 2011-12-30 14:29 | つれづれ(free)

瓦屋さんが来た!その2

b0211899_12372924.jpg「ピンポーン!」朝早く瓦屋さんが突然来たぁーっ!震災から9ヶ月、今日まで強い風が吹けば養生を直してくださり、心配ってくださったご近所のみなさまにも感謝・感謝です。お陰さまで、きょうの日を迎えられました。ありがとうございました。
今年はもう瓦屋さんは来ないのだろうなぁ・・・と思ってちょっと気にかかっていたところに、突然現れ、しかも3人でどんどん作業を進め、半分は終わりそう。残りは来年になるそうだが、とりあえず残りも養生していってくださるのだから安心して新年を迎えられる。
雨だって雪だって怖くないぞ!でもやっぱり新年は晴れの方がいいねヽ(*´∀`)ノ
by 1212jeff | 2011-12-29 12:58 | つれづれ(free)

古武道忘年会

b0211899_14155240.jpg川展生(チェロ)・妹尾(ピアノ)・藤原山(尺八)3氏のユニット古武道。「古武道忘年会 師走の協奏曲Vol.3」に昨晩行った。すばらしい時間だった。

なんで尺八であんな音が出せるの!!感動!感動!!感動。
(私の祖父も尺八を吹いていたけど、ぜんぜん違う。。。あたりまえだけど。。。)




3人が音の共鳴を全身でたのしんでいる。
その楽しい音が飛んでくる。
その空気で会場が満たされる。
一期一会、古武道のポリシー。
音は出たそばから飛んで消えていく。
うきうきしたもの、なつかしいもの、かなしいもの、あたたかいものを心において。

会場で道山さんのCD「FESTA」をゲット。シュトイデ弦楽四重奏団(ウィーンフィルのコンサートマスター・シュトイデ氏率いる4人組)と道山さんがウィーンのホフブルグ教会でクラシカルスタイルで録音した1枚。
今朝からはそれを何度もリピートで流しながら家事をしている。オーボエもクラリネットもフルートもピッコロもそれらの音域を難なくこなしてしまう道山さんの尺八。やわらかくやさしい。弦の音もやわらかくやさしい。その共鳴がやさしくあたたかい。
録音技術の詳しいことはわからないけれど「教会でのクラシカルスタイルでの録音」というのも大きく影響しているんだろうなぁ。。。
年末に古武道と道山さんからすてきなプレゼントをいただいた。
あと4日、よい年の瀬を迎えられそうな気がする。
by 1212jeff | 2011-12-28 15:05 | つれづれ(free)

今年も一年、お世話になりました。そしてありがとうございました。

b0211899_0281069.jpgレッスンをおとりいただいたみなさまへ

今日で今年のクラスワーク、プライベートレッスンのすべてが終わりました。クラスワークに参加されたみなさま、またプライベートレッスンをお取りいただいたみなさま、一年間、お世話になりました。そして、ありがとうございました。

犬のしつけ、トレーニングの基本原則は同じなのですが、飼い主さんの目標、イヌの気質、これまでの経験による学習で身についた行動、イヌにかけられる時間、経済、身体的制約、生活環境など条件が異なります。したがって、十人十色、必要なこと、できることに違いが出てきます。プライベートの場合は、そのご家庭の状況にあわせた完全な個別対応が可能です。クラスワークの場合はその違いの中から、共通する部分から入り、それぞれのペアに必要なことをできるだけ個別対応で伝えさせていただいております。参加されているペアのこれからを考えると、どうしても伝えておかなければいけないこと、またみなさまのご質問にできる限り応えたいと思い、時間内に終わらないことがほとんどなのですが、みなさまの広い心に支えられ今年も無事、すべてのレッスンを終了することができました。
その甲斐あって、毎回、参加されたみなさまからそれぞれの抱えていた問題が良い方向に向かっていること、あるいは解決したことなどのうれしいお話しを伺うことができました。これらはすべて飼い主さんのご自宅での日々の努力の結果でした。すばらしいことです。レッスンにいらした時には、そのたびにヒトとイヌの関係が変化してゆき、イヌの飼い主さんを見る目が変わり、「こうだよね!」「そうよ!」と飼い主さんとイヌがたのしくコミュニケーションをとっているさまが目の前で繰り広げられうれしい限りでした。レッスンの時、そしてご自宅での対応について、飼い主さんにすこしのヒントを出すことでみなさまがじょうずにイヌを導くことができるようになりよい結果が出ることがうれしく、またできていく過程を見守りさらなるヒントを出すのが私もとてもたのしみでした。

今年に限ったことではないのですが、「教えることは習うこと」を実感するた日々でした。どうしたらもっと簡単に、ヒトにもイヌにも易しく、優しくできる方法はないものか、”これ”を伝えるためにはどういうステップが一番やさしいかとRobと貫太郎に付き合ってもらい研究する日々でもありました。
ここ年末に来て、またひとつクリアになったことがあり一歩前へ進むことができました。来年はこの発見をもって、さらにわかりやすいヒトにもイヌにも易しい、優しいしつけ方教室、プライベートレッスンに取り組んで参ります。
私にとって、現状維持は後退と同じ。新しい飼い主さんとイヌに出会うたびに、またお付き合いの続いている飼い主さんからの新たなリクエストが出されるたびに進歩を求められます。みなさまのお役に立つインストラクターになれるよう研鑽を積み、常に成長することを心がけて参ります。
一年間、ありがとうございました。来年もどうぞよろしくお願いいたします。

みなさまにおかれましては、時節柄ご自愛くださり、よい年をお迎えくださいませ。

CPDT-KA(Certified Professional Trainer-Knowledge Assessed)
JAHA認定家庭犬しつけインストラクター
並木 恭子
by 1212jeff | 2011-12-25 19:34 | Pups(job)

良心はないのか!

今、6:55のNHKラジオのニュースで、盲導犬を連れた74歳の女性が振り込め詐欺で、自宅から200m離れた指定された場所で2度にわたり合計約1000万円を息子からの依頼の人間に渡して、だまし取られたという。
聞いた私の心は怒り、目には涙が溢れている。
受け取った人間はほくそ笑んで受け取ったに違いない。その顔を見ることもできず、ただただ息子を思う親心をもてあそんだ犯人。良心はないのか!
イヌが喋れたら「ダメ!この人は笑っているよ!」って言っていたかもしれない。悔しい!!!
by 1212jeff | 2011-12-24 19:06 | つれづれ(free)

Jackpot

b0211899_1436333.jpg

一昨日、思いがけずかわいいクリスマスツリ―のアレンジが届きました。
かわいいトナカイさんのアップリケのついたクッキーの入ったポーチ付。
我が家の玄関を賑やかに明るくしてくれています。
ありがとう!


もっとかたずければ・・・という声が聞こえてきそうですが、どれも片づけられない!今年の記念のアフリカもの。我が家の宝物だったJeffのブロンズ。イヌのオモチャやボール、ダンベルなどなど。どれも玄関においておかないとつぎの行動がスムーズにいかないものや帰ったときに出迎えてもらいたいものたち。
中央がJackpotのクリスマスアレンジ。その右、ステンレスの彫刻の前にあるのがクッキー入りポーチ。


Jeffのブロンズは、友人の彫刻家・関正司氏に無理を言って作っていただいたもの。関氏はブロンズが専門ではないので、ちょっと考えていらしたのですが、引き受けてくださいました。Jeffが2歳のころ、何度もアトリエに通いモデルを務めました。アトリエのまわりの野山で遊ぶのがたのしみだったのね。2歳の若かりし頃のJeffの姿です。
ちなみに右のクッキーポーチの後ろにあるステンレスの作品も関氏の作品。こちらは彼の専門分野。ステンレスの動く作品。印旛沼の葦の中に住む妖精。「フェアリー」。風がふくと背中の羽根がスイングする。でも飛んでいかないけど・・・飛んでいっては困ります。。。

関正司氏の作品は野外展示のものもあり、美ヶ原高原美術館、北海道洞爺湖畔、福井、古川市役所、海老名市運動公園、JR佐倉駅前、京成千葉中央駅前など、方々にあります。興味のある方は関氏のHPで、ご確認ください。HPではこれまでの作品を見ることができます。ちょっと友だち応援でした!よろしく!!
by 1212jeff | 2011-12-24 15:35 | つれづれ(free)

NATIONALPOST NWES オオカミからイヌへ

Wolf-to-dog transition had little to do with humans, ancient skull suggests
【イヌの進化】状態の良い頭蓋骨の解析から、オオカミからイヌへの進化にヒトはほとんど貢献していないことが示された。オオカミはヒトが飼い慣らしたというよりは、勝手に人里に寄ってきてイヌになったという説。
by 1212jeff | 2011-12-19 22:11 | 犬(dogs)

「未来設計会議@[after3・11]②科学者に言いたいこと、ないですか?」

3・11を契機に国民として関心を寄せていなければいけないことへのアンテナが増えた。ブログをはじめたのも自分への戒めの一つであるし、twitterやfacebookも同じ。社会にかかわる己の姿勢の戒めであり、模索・検証する道具として使っている(ちょっと使い方が違うかも・・・でもわたしはわたし)

そこできょう、震災以来twitterでフォローしていた早野龍五先生のtweetから「未来設計会議@[after3・11]②科学者に言いたいこと、ないですか?」(youtubu)を見た。

早野氏をはじめ、平川秀幸氏(大阪大学・準教授)長坂俊成氏防災科学研究所)、中島映至氏(東京大学・教授)の4人のスピーカーを迎えての3・11時、そしてそれ以降の科学者の果たした役割、悔しくもできなかったこと、そして専門家の持っている情報をどのように社会に流していくのか、その際市民が持つべき資質、政府と科学者をつなぐシステム、今後求められる政府への、市民への情報開示システムなどそれぞれの立場から4氏の基調報告の後、参加者との討議がおこなわれた。約2時間40分の長丁場だった。最終的に一市民としての持つべき資質・姿勢が問われていたように感じた。

つづきをよむ
by 1212jeff | 2011-12-19 21:57 | つれづれ(free)

氷った!驚いた!

今朝、我が家はこの冬一番の冷え込みだった。なんと犬の足洗い場の水道が氷った!驚いた!
b0211899_23275420.jpg
前の晩、いやに冷え込むと思い、念のためポタポタと通水しておいたはずなのにポタポタはなんとアフロディーテのような氷柱になっているではないか!ポタポタ位の通水ではこの冷え込みに勝てなかった。まだ大丈夫だと思っていたのに。。。b0211899_23291136.jpg


















月末に蔓バラを移植しようとふかふかにした土の霜柱は今年一番の高さになった。犬と遊べばここにも入る・・・ドロドロになる。。。洗えない。。。ヤカンでお湯をかけて溶かすしかない!
b0211899_23324725.jpg
そんなことは知らずにお気楽に穴掘りに興じるRobくん。。。あぁぁぁ、泥んこになるよねぇぇぇ。君がHappyならわたしはいいけどさっ!
b0211899_23365148.jpg















驚いたと言えば、今晩のNHKスペシャル「シリーズ原発危機 メルトダウン ~福島第一原発 あのとき何が~」。これにはとても驚いた。
全電源が喪失した時の非常用復水器の機能について現場を預かる技術者が正確に知らなかったとはどういうことなのだ。理解に苦しむ。
今晩見逃した方は、ぜひ再放送をご覧ください。
by 1212jeff | 2011-12-18 23:23 | つれづれ(free)

Heart of Christmas

b0211899_1935177.jpg
                Keith たぶん3歳頃  手作りリースをかけて
                          なにやら真剣?神妙?


クリスチャンではないけれど、この季節になると季節限定のBGMをかける。仕事に向かう車の中でも、家に帰っても。ほんの2週間位のこの時期限定CD。
そもそもクリスマスは『もと太陽の新生を祝う「冬至の祭」がキリスト教化されたもの』(広辞苑)なのだから、別にクリスチャンでなくともいい。太陽は命の源だもの!でも、商魂たくましくやかましいのはお断りね!

わたしのお気に入りのCDはこれ!
b0211899_1995969.jpg
b0211899_19103110.jpgETERNALがソウルフルに愛を歌いはじめ、DIANA ROSSがこんなステキな雪の中をみんなで歩こうよ、いっしょに雪だるまを作ろう、みんなでステキな冬の世界をあるこうよ~と歌い、DIANNE REEVESがjazzyにJINGLE BELLSを歌う。SPICE GIRLSがSLEIGH RIDE(たのしい橇すべり)をたのしく歌う。SHEENA EASTONが 世界中にクリスマスがやってくるよと歌う。次つぎとやさしく愛を歌い、最後はKATHLEEN BATTLEがSILENT NIGHTを静かに歌ってくれる。聞くものの心をたのしく、やさしく、温めてくれる14曲の流れが気にいっています。。気ぜわしい年末に向かうこの時期、イライラしがちなわたしの心を穏やかに直してくれる妙薬です。
ジャケットからして心がまぁーるくなるしね!

ネット検索しても出てこなかった。。。もう古いのねきっと。
by 1212jeff | 2011-12-17 19:53 | つれづれ(free)