気ままな日々

pups.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2011年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

「そもそもがんとは何か──番外篇(その2)」 team nakagawa

先日紹介した左バー下のエキサイトブログにリンクしてあるteam nakagawaのブログが更新されました。
「そもそもがんとは何か──番外篇(その2)」

team nakagawa;6月8日のツイート
<そもそもがんとは何か──番外篇(その2)」です。「がんは増えている」「がん増加の原因は長寿」「日本は世界一のがん大国」「がんはDNAが傷ついて起こる病気」「がんは暴走機関車」などを解説。今後毎週水曜日に更新する予定です。>

       ♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

日本が癌発生率の世界一。その原因は長寿。一方で、癌は早期発見で9割の治癒率。早期発見のための癌検診の受診率は2割・・・・わたしは一切の検診を受けたことがない。生きられるところまで精一杯生きられればいいと思っているから。痛みだけは勘弁ね。主人ともどもお互いにペインコントロールだけはお願いしてある。こどもがいないこともあるかもしれない。小さな子供を抱えていたら、この子が一人前になるまでは何としても生きていたい!!と思うだろうし、そうすると思う(これも仮定の話だが)。

【がんが治っても人はかならず死にます。人間の死亡率は100%です。がんを通して人生を考えることが、「よく生き、よく死ぬ」ことにつながると確信しています。】(上記ブログより)

死を考えることによって生きることが鮮明にみえてくることはまぎれもない事実。
身近な人をなくした経験のない若い人にはなかなかわからないかもしれない。
そういう意味では、team nakagawaが提起しているように、65歳以上の国民の2人に1人が命を落とす癌を知ることによって、生きることを考えるということはとても良いことだと思う。

わたしが「死ぬってなんだろう?生きるってなんだろう」と考え始めたのは、中学2年の秋に母(享年43歳)を癌で亡くしたときにはじまった。その半年後に祖母(享年77歳)が亡くなり、半年のうちに家の中から二人の人が姿を消した。13年間一緒に暮らしていた人が、支えてくれると疑わなかった人が、ずっと続くと思っていた平凡な日々が、あっという間に怒涛のごとく大きな時間の流れにのみこまれた。まだまだ保護が必要な13歳の子供、もやいが切られ難破船のように大海に放り出された感覚。しかし現実は待ってはくれない。なんとか沈没しないで生きなければならない。でもその意味がわからない。どうせ生きたって、焼かれて骨になって終わり。これってなんだ?
それからずっと生きるってなんだろう、死ぬってなんだろうと考えてきた。その人の価値、生きた価値ってなんだろうと。今のところ選んでいる結論が、「今を生きる」ってこと。自分に与えられた場所で、自分のできることを精一杯取り組むってこと。明日はないかもしれないから。
一期一会。
by 1212jeff | 2011-06-10 10:34 | つれづれ(free)

犬も猫も悪くないと思います(天津木村調で)

b0211899_0281069.jpg「ペットを置いて出かけた部屋の惨劇いろいろ(画像23枚)」デジログ





仔犬の時はきちんと犬仕様の部屋にしましょう(=^・^=)

仔犬のうちに自分のおもちゃで遊ぶことを教えましょう。

仔犬のうちからひとりでもお留守番できるように馴らしましょう。

お留守番の前にはエネルギーの発散をしてあげましょう。

犬と暮らすための部屋仕様、暮らし方を飼い主が身につけましょう。

イヌはイヌであることをやめられません。ヒトがヒトであることをやめられないように。。。

            ※ 猫はわたしの専門外です。でもやっぱりおなじような気がする。。。
by 1212jeff | 2011-06-08 23:19 | 犬(dogs)

買って・食って・支える

♥助けあいジャパンが地元産品購入一覧と地元産業を応援するイベントなどを紹介しています

被災地の復興のために、同じ買うならここから。
わたしとしては、同じではなくちょっとぜいたく品。でも、支援と思って購入!
きょうは岩手の産品を注文した。
ラーメンやベーコンなどなど届くのがたのしみ~(=^・^=)
b0211899_1835883.jpg

この透明感。おいしそう~。  しょうゆ味も買った!

なぜか秋田比内地鶏なんだけど岩手県のお店。一度に岩手と秋田?!
by 1212jeff | 2011-06-08 18:30 | 食(foods)

原発事故・・・正しく理解し正しく怖がる

さまざまな数値が行きかい、責任追及ばかりに終始している国会の論議。いったいわたしたちはなにをどのように考えればいいのか混乱してしまう。

左バー下のエキサイトブログにリンクしてあるteam nakagawaのブログが更新されました。

team_nakagawaのきょうのツイッター;
「Blog更新。「何を恐れているのか、何を恐れるべきか」を再考します。実効性ある放射線防護対策を講じる、衆知を結集して早急に対処する──それを前提に、「発がんリスク」という言葉をひとり歩きさせず、「がん」とは何かを理解する必要があります」

ツイッターのteam nakagawaの自己紹介;
「東大病院で放射線治療を担当するチームです。医師の他、原子力工学、理論物理、医学物理の専門家がスクラムを組んで、今回の原発事故に関して正しい医学的知識を提供していきます」

読んでみました。
なるほど、なるほど・・・いつもわかりやすい。

続きの更新をまた読もう。
by 1212jeff | 2011-06-08 14:02 | つれづれ(free)

たのしいことを選ぶし、くりかえすよね(^_-)-☆

フォルクスワーゲンのキャンペーン。アイデアには賞金も出るらしい。

※ 画面に入るサイズでカスタマイズしたら、このブログのルールでセキュリティ上ダメだって。。。完全な画面を見たい方は右下のギリギリ入っているYouTuをクリックして直接見てね。


● エレベーターより階段を上ってもらうにはどうしたらいいか?




● ごみばこにごみを入れてもらうにはどうしたらいいか?
    わたしはこのゴミ箱にゴミ捨ててみたいっ!




● 車の制限スピードを守ってもらうにはどうしたらいいか?

by 1212jeff | 2011-06-07 12:06 | つれづれ(free)

つぎつぎと・・・クイーン・マザー

ポツリポツリと時間差で咲いてくれるクイーン・マザー。
まだまだかたいつぼみもあるので、これからもたのしみ(*^_^*)

朝、気温にあわせて開きはじめ、夕方、ふんわり閉じる。
3日後くらいに、はらりはらりと散っていく。

b0211899_11123633.jpg

by 1212jeff | 2011-06-07 11:14 | 花(flower)

信号ってなんだろう?

b0211899_0281069.jpgわたしたちの生活の中にはたくさんの信号があります。音の信号は電話の着信音、電子レンジの終了音、洗濯機のアラーム音、終了音、冷蔵庫のアラーム音などなど。視覚での信号はさまざまな交通標識、電車の路線案内、乗換駅での方向案内、デパートや劇場など建物への進路案内などなど。また、たとえ特定の目的をもたずに歩いていたとしても、ふと目に入った建物に大きくついているロゴマークがその人の興味のあるものを示していれば、そのロゴマークが信号になり、時間があれば入ってみることでしょう。
わたしたちは生活の中のたくさんの信号の中から、必要なものを取捨選択しています。不必要なものはたとえキャッチしたとしても無視して、自分の必要なものだけに反応し行動しています。すべてに反応していては何もできなくなってしまいます。横断歩道を渡りたいと思っている人にとっては、自分の進む方向の信号を注視し、急いでいればいるほど早くからその信号の変化に注意を払っていることでしょう。
 しかし、その横断歩道を渡る必要のない人にとっては気にする必要もなく、たとえ青であってもなんの価値もありません。

 飼い主さんが犬に出す信号もおなじです。犬が飼い主さんに興味を持っていなければ耳にも目にも入らず、あるいは入っても無視されてしまいます。
日常生活の中で飼い主が出す信号を、犬に「信号に応えたい!あの信号が出ると自分のやりたいことができるんだ!ラッキー!!」、「注意を払っていないと自分のしたいことができなくなっちゃうぞ!たいへんだ!」という価値を持たせたいものです。

b0211899_1672036.jpg

                 「Jeffくん」   「はーい」
by 1212jeff | 2011-06-05 15:38 | Pups(job)

Bくん、ありがとう!またね!

b0211899_0281069.jpgご縁のあった飼い主さんから、近況報告をいただくのはなによりのたのしみです。こんなことができるようになった、こんなことをするおりこうさんなんですよなどたのしい生活の一場面のお話しはうれしいものです。しかし、限りある命。悲しいお知らせも届きます。

大きな体でフワフワのB君は6歳のとき、狭いケージ生活を強いられていた悲しい環境から、愛情たっぷりのお家にひきとられました。お正月にはかわいいうさちゃんバージョンの賀状でご挨拶をいただきました。家族になって3年10ヶ月、ご近所のこどもたちにも優しく接してくれるBくんは人気者になったそうです。ここ1年くらいは腰がたたず、プチ介護生活を送っていましたが、5月末に体調を崩し、ご家族の手厚いお世話が続いていたそうです。食いしん坊のBくんはその日の朝、ご飯もしっかり食べ、お水も飲んで、お母さんに見守られ、笑顔で最期のお散歩に出たそうです。


b0211899_18333874.jpg

              一昨年、桜の花散る中をお散歩中のBくん



Bくん、苦労がたくさんあった6年だったけど、その後の3年10ヶ月でそれにまさるしあわせをたくさん得ましたね。きっとその分をとりかえしたから満足な笑顔で旅立てたんだね。
これからはわたしたちをみまもっていてくださいね。たくさんの笑顔をありがとう!
合掌。

by 1212jeff | 2011-06-04 18:37 | Pups(job)

うめもどき

うめもどき(梅擬)   淡紫色の5mm弱の小さな花  秋には赤い実をつけます
b0211899_16563670.jpg



b0211899_1656824.jpg

by 1212jeff | 2011-06-01 17:03 | 花(flower)

きょうから6月ですね

きょうから6月。もう半年終わりました。。。あっという間でした。

今朝の産経新聞掲載の「朝の詩」。


きっとしあわせが     福島県いわき市  伊藤 保次  76

ぱん一ヶ
水一杯
命をつなぐ大切さ
生きる力

地震 津波 原発
一度に三度の恐怖

パン一ヶ
水一杯
生きましょうね
きっとしあわせが来ますから

(選者 新川 和江)
by 1212jeff | 2011-06-01 16:59 | つれづれ(free)