気ままな日々

pups.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2011年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

セミナーのお知らせ

b0211899_0281069.jpg優良家庭犬普及協会主催
セミナー 2件 お知らせ

b0211899_2003545.jpg


b0211899_202562.jpg


詳細は上記リンク先へ;1件目はupされていましたが、2件目はまだでした。
チラシは届いていますので、こまめに確認してみてください。
by 1212jeff | 2011-06-29 20:05 | セミナー(seminar)

Vacation

きょうからしばらく我が家でVacationの都会っ子。
土、草、鳥の声など楽しんでいってね~(^o^)/
b0211899_20201131.jpg

by 1212jeff | 2011-06-28 20:21 | 犬(dogs)

お初 米粉のぱん

よくふくらんだ米粉のぱん。
いままででいちばんこおばしい香り。
b0211899_2044021.jpg


切ったときの香りはちょっと酵母のような魅かれる香り。
b0211899_2064153.jpg


つまみ食いした^^ゞ
しっとり、もっちり、外側はとっても香ばしくうまい!!

この間のぶどうぱんのふくらみがいま一つだったのは、取説をよく読むと「早焼き」だったからみたい。
きょうはドライイースト君もよく働いてくれたし、OKね (^o^)V

次がたのしみ~。
by 1212jeff | 2011-06-28 20:12 | 食(foods)

きょうのRobと貫太郎

Robはわたしが本を読んでいる横で熟睡。
兄ちゃんたちが残していったベッドがいっぱいある。
朝、きれいに整えても、自分なりの流儀があるらしくかならずくちゃくちゃにしてから寝る。
きょうのくちゃくちゃ加減は少ない方。
b0211899_17593847.jpg


貫太郎は今からお散歩。
デッキに出る前にフセしてみました。
b0211899_181625.jpg

いってきまーす♪
by 1212jeff | 2011-06-27 18:04 | 犬(dogs)

一番古いのがすてきね。

Cokeの瓶
わたしは一切飲まないから値上げは関係ないけど(USで値上げ、きっと日本でも値上げされるね)、
一番古い瓶がすてきね。
b0211899_10424733.jpg

by 1212jeff | 2011-06-27 10:48 | つれづれ(free)

「さよなら、サイレント・ネイビー」 伊東 乾著

b0211899_18284455.jpg 副題は「地下鉄に乗った同級生」。
「なぜ?・・・物理科学の道を歩んでいた人がなぜ?なぜ?どこで道がそれたの?」・・・それだけを知りたくて読み進んだ。その前に著者のユニークな歩みと真摯な筆致を味わっていることも加わっていた。伊東氏は東大で物理学科でサリンを地下鉄でまいた実行犯の豊田死刑囚と同級生で2人は研究チームだった。伊東氏は物理から音楽へと進み、「空気中を伝播する物理的な音波と、人間が聞き取る心理的な音像(サウンド・イメージ)に差異がある事実に基づいて、音楽制作に脳認知科学を体系的に導入している作曲家、指揮者」(wikipediaより)

伊東氏の「あの彼がなぜ?」を追ってときほぐしていったマインドコントロールの方法、残虐な映像を見たときに脳内で起こっている虚血状態、そして恐怖の感情が起こったときの認知と行動などとても興味深かった。

伊東乾さんが、はじめて同級生と接見したときの場面では2人の気持ちに涙した。
また豊田被告(当時)が麻原被告の証人としてはじめてはっきりと発言したところでも涙が。。。

オウム事件が決して特殊な誰かに起こることではないこと、そのことが起こる背景にあるマスメディアからの情報の問題、1941年の開戦と終戦末期の狂気の構造、オウム事件も戦後処理の問題も責任をとるとはどういう行為をすることなのか提起している。日本はまったく変わっていないと言う。

いまこの時に、この本に出会ってよかったと思う。
ネットによる情報化社会の中で、一つ間違えば見たくない、聞きたくもないものまで飛び込んでくる。
氾濫する映像と音の情報から自分で身を守らなければとても危ない。
自分の精神が映像と音の情報の波にのまれないためになにをすべきか、気をつけなければいけないことはどういう点かということが脳の構造からしてよくわかった。

今でも続いている二人の交流。
続きの謎解きがでることを願っている。
by 1212jeff | 2011-06-26 19:39 | 本・よむよむ(reading)

はじめてのぶどうぱん

今朝、はじめてぶどうぱんを焼いた。
出すときに金網にちょっと当ててしまって、上が凹んだ!
b0211899_17534726.jpg


口をあけて待っている人がいたので、すぐにカット。
お砂糖がきび砂糖だからなのか、ぶどうの色なのか中もほんのり茶色。
ほかほか湯気も撮れた!
b0211899_17531557.jpg

とーーーってもおいしかった!

でももしかしたら・・・ぶつけたせいだけじゃなくて、頭のふくらみがちょっと足りない?
賞味期限切れのドライイーストのせいかも (^^ゞ
フランスパンを焼いたときは取説にある通りの高さに焼けたので、
「古くてもいけるじゃん!」と判断したのが悪かったかも。
一度、プレーンなものを焼いて確かめないと・・・あきらめない奴です。

昨日寄ったマーケットには全粒粉はなかった。残念!
米粉は買ってきたぞ。
by 1212jeff | 2011-06-26 18:19 | 食(foods)

夏らしく

昨日・今日ととても暑い。
少しでも涼しげに、スキン変更。
蚊取り線香は我が家の夏の必需品。
すでに稼働中。


窓を全開にして庭にいるような家の中。
砂ぼこりまでご来場。でも風の方が大事。
がんばろう 日本。
がんばろう わたし。
がんばろう 犬たち。

首がおかしい。。
明日、明後日と全力投球できるように、きょうはそーーっと過ごしている。
by 1212jeff | 2011-06-24 17:41 | つれづれ(free)

沙羅(シャラ)

次つぎと咲いています。
強風注意報が出ているのでピンボケになってしまった。わたしの腕ではこれ以上は無理!
b0211899_10363015.jpg
b0211899_10352758.jpg

わたしはシャラと思っていたけど、ほんとうは夏椿らしい。
同じものの別名だと思っていたのに。。。北山造園さんの説明によると別物らしい。
その説明を読むと「樹皮がまだらにはがれ、橙色、茶色、灰色などが入り混じった幹も美しい」とあり、我が家のものはこのようになっているし、花の大きさも5~7cmとあるので、シャラではなく夏椿。

一日で落ちてしまうはかない命。

間違いではあるけど、シャラは『仏教上の聖木で、お釈迦様が亡くなる時、「形あるものは必ずこわれ、生あるものは死ななければならない」と説き、この木の下で亡くなった』とされているからお庭に入れたので、シャラと思うことにしようかな。。。

by 1212jeff | 2011-06-24 10:40 | 花(flower)

前田司郎と演劇集団 円・・・「未だ定まらず」

b0211899_911963.jpg昨日、犬たちを主人に預け、「未だ定まらず」を観に行った。前田司郎演劇集団 円の組み合わせって、どんなことになるのだ?!という興味から、不可解なワクワク感をもって浅草・田原町の円の稽古場兼劇場へ。

入口でもらったリーフレットにやはりこうある

前田司郎 『「未だ定まらず」に寄せて』
「とても難しいのは演劇は無数にあるということだ。無数はまさに無数で、星の数ほどどころではない。種類の話だ。円の芝居と五反田団の芝居は違う。でもまあ、同じ人間が演出しているのでだいたいが似通っているから、円の芝居と五反田団の芝居ほどの差なないだろう。僕は円の芝居は見たことがなかったが、ここまで違うとは思わなかった。(中略)僕たちは違う宗教の信者のようなものだ。信じる神が違う。でも祈りの感情には大差ないはずだ。祈り続けるうちに、方法や形式なんかは、瑣末な事になってくる、きっと。」
 
やっぱり・・・この違いをどう乗り越えて一つの作品を作り上げるんだろう。


「そして俳優さんたちの柔軟さ。辛抱強く、あきらめず、怒らず、よくやってくださっている。もうちょっと適当にやってもらえるとこっちも手が抜けて楽なんだけど。なんか面白いものが出来ていると良いなあ。本番まであと20日。」(同上より)

わたしはとてもおもしろかった。いっしょに行ったお友達の第一声も「おもしろかったぁ」。

演劇集団 円の実力派の俳優さんたちが、34歳の新進気鋭の前田ワールドを表現する。
決して五反田団の俳優さんたちが実力がないと言っているのではない。
第一まだ見たことがないし!
前田氏の表現でいえば「趣味が違う」演劇者ということ。

もしかしたら五反田団の作品を観たら理解できないかもしれないわたしに、
演劇集団 円の役者さんというフィルターを通したことで、
前田ワールドがストレートに入ってきたような気がする。

いっしょに行ったお友達と今度は五反田団を観に行こうと話している。

■ 五反田団のステージはTVで前田司郎氏のインタビュー番組の中でVTRでちょっと見かけ ただけ。
  わたしが前田司郎氏に興味を持ったのはこのインタビュー番組から。
  演劇集団 円をチェックしているのは、わたしの好きな橋爪功さんをフォローしているから。
by 1212jeff | 2011-06-24 09:48 | つれづれ(free)