気ままな日々

pups.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:Pups(job)( 42 )

Bくん、ありがとう!またね!

b0211899_0281069.jpgご縁のあった飼い主さんから、近況報告をいただくのはなによりのたのしみです。こんなことができるようになった、こんなことをするおりこうさんなんですよなどたのしい生活の一場面のお話しはうれしいものです。しかし、限りある命。悲しいお知らせも届きます。

大きな体でフワフワのB君は6歳のとき、狭いケージ生活を強いられていた悲しい環境から、愛情たっぷりのお家にひきとられました。お正月にはかわいいうさちゃんバージョンの賀状でご挨拶をいただきました。家族になって3年10ヶ月、ご近所のこどもたちにも優しく接してくれるBくんは人気者になったそうです。ここ1年くらいは腰がたたず、プチ介護生活を送っていましたが、5月末に体調を崩し、ご家族の手厚いお世話が続いていたそうです。食いしん坊のBくんはその日の朝、ご飯もしっかり食べ、お水も飲んで、お母さんに見守られ、笑顔で最期のお散歩に出たそうです。


b0211899_18333874.jpg

              一昨年、桜の花散る中をお散歩中のBくん



Bくん、苦労がたくさんあった6年だったけど、その後の3年10ヶ月でそれにまさるしあわせをたくさん得ましたね。きっとその分をとりかえしたから満足な笑顔で旅立てたんだね。
これからはわたしたちをみまもっていてくださいね。たくさんの笑顔をありがとう!
合掌。

by 1212jeff | 2011-06-04 18:37 | Pups(job)

犬好きが犬嫌いをつくり、うごけなくなる。

b0211899_0281069.jpg岐阜で26日、リードをつけずに放して散歩していた男性に、「周辺住民に危害を与える恐れがあるとして、県動物愛護管理条例に基づき是正を求める措置命令」が2006年の条例施行後、はじめて出されました。中日新聞の記事は以下の通り。【岐阜】犬放し飼いに是正命令 関保健所、県条例に基づき初;2011年5月27日

飼い主さんがなるたけたくさんの自由を犬に与えたいというお気持ちはよくわかります。しかし、ほんとうにすべての環境で、100%のコントロールが可能なのでしょうか?
もちろん条例内で定められた場所でのことと話は限定させていただきます。条例に反していることは論外です。

100%コントロール可能ということは、その時に必要な約束が人と犬の間で確実に守られる(刺激性制御=刺激による行動の制御)ということです。”○○があったから犬の気がそれてできなかった” などという言い訳をさしはさむ余地はないのです。そのためにさまざまな環境で約束の確認作業をしていく、それがトレーニングです。

私の尊敬するドッグトレーナーSusan Garetts(スーザン・ギャレット;左サイドバーにリンクしてあります)は、「もし犬がトップスピードで走っているときにコントロールできないのであれば、現実の世界(wildlife)の中で犬をコントロールすることはできない」といっています。彼女は以前ワークショップで「もしリスがいてもリコールできますか?」という質問に「もちろん(^_-)-☆」と。このビデオを見れば一目瞭然です。
彼女のアウトドアでのRecall(呼び戻し)のトレーニングビデオ。呼び戻しだけではなく、その場で「SIT」の声(刺激)が耳に入ったら、その場ですぐに座ります。もちろん「DOWN」も同じです。

ウィーブポールのビデオでは、約束を「100%実行する、犬がしたい!!!」と思うようにトレーニングステップをあげていることがよくわかります。
たくさんのおもちゃを投げられても見向きもせずにウィーブポールを走りぬける、また約束と違うエントリー(入口)に連れて行かれようとすると「だって!!ちがうよ!!ママ、なにするのよぉー。わたしはあっちから入るんだからぁ!!」と言っている姿から、いかに約束をガッツリ結んでいるかがわかります。

犬をコントロールできるあるいはするということは、実は一方的なことではなく、「犬と固いきずなで結ばれ、互いに約束を尊重する」関係にあるということです。

トレーニングをするときには、かならずリードをつけるか、囲いのある場所で人と犬の安全を確保して行いましょう。また、お散歩のときに少しでも広い範囲を自由にさせてあげたいと思うのであれば、長めのリードをつけましょう。でも、それって、ほんとうは危険ですけど(^^ゞ
(以前千葉県内の公園で、野ネズミの駆除のために殺鼠剤入りの団子を犬が食べて亡くなった例があります。犬の鼻先を飼い主が管理できないということは死にも至る危険がありますから。。。)

今回の岐阜での措置命令を機会に、もう一度犬とのお散歩の仕方、暮らし方を考えたいものです。犬を放すだけでなく、排泄の管理、グルーミングの際の犬の毛の処理のことなどもあります。
犬好きな方のなにげない行動が、世の中の犬嫌いの方を増やしてしまい、ご自身も含めて飼い主さんと犬の行動範囲をせばめてしまいます。ひいては、盲導犬・聴導犬などのユーザーさんの行動範囲へも影響を及ぼすことまで心にとめたいものです。



**** 法律 ******************************

国の定めでは、「家庭動物の地用及び保管に関する基準」(平成14年5月28日環境省告示第37号)があります。その中では、「第5 犬の飼養及び保管に関する基準」があり、「1.犬の所有者等は、さく等で囲まれた自己の所有地、屋内その他の人の生命、身体及び財産に危害を加え、並びに人に迷惑を及ぼすことのない場所において飼養及び保管する場合を除き、犬の放し飼いを行わないこと。」という条項があります。また、各地方自治体でもそれにもとづく条例があります。私の住む千葉県にも「千葉県犬取締条例」があります。その第3条では、つないでおくこと(係留)、または動ける範囲を囲うなどしてとどめて(抑留して)おかなければいけないこと。ただしその限りではなく、つながなくても動ける範囲を限定しなくてもよい場合を具体的に示しています。
また、3条、4条に違反した場合は知事は措置命令をだすことができ、尚且つそれに従わなかったときには「罰金、拘留又は科料に処する」ことができると14条の2に定められている。

千葉県犬取締条例;以下一部引用;
inudoginugoodinudoginugoodinudoginugoodinudoginugoodinudoginugoodinu

第三条 管理者は、次の各号のいずれかに該当する場合を除くほか、その飼い犬を他人の身体又は財産に危害を加えないように係留し、又は抑留しておかなければならない。
一 飼い犬を他人の身体又は財産に危害を加えるおそれのない場所又は方法で訓練し、移動し、又は運動させるとき。
二 警察犬、狩猟犬又は身体障害者補助犬(身体障害者補助犬法(平成十四年法律第四十九号)第二条第一項に規定する身体障害者補助犬をいう。)をその用途に使用するとき。
三 飼い犬を運搬の用に供するとき。
四 飼い犬を曲芸、展覧会、競技会その他これらに類する催しのために使用するとき。
五 ほ乳期の飼い犬を飼養するとき。

inudoginugoodinudoginugoodinudoginugoodinudoginugoodinudoginugoodinu


追記;Susan Garetts(スーザン・ギャレット)左サイドバーにリンク⇒サインアップするとHPへつながります。
by 1212jeff | 2011-05-28 13:20 | Pups(job)

しつけ方教室@専門学校

b0211899_0281069.jpg昨日は専門学校の特別授業。2回目の家庭犬しつけ方教室。1週間、みんなのおうちでのがんばりが手にとるように目に浮かび、とてもうれしかったです(*^o^*) 
親御さんを説得して協力を得るのは、インストラクターの仕事の第一歩。犬が混乱しないように、家族が同じように一貫性をもって対応することが成功への道ですものね(^_-)-☆

一般のしつけ方教室でも、ご家族でみえているところはご家族が同じように話しを聞いてくださり、ハンドリングも見てくださって、あるいは交代でしてくださるのでよいのですが、お一人が参加の場合は教室でしたことを、いかに生活の中でご家族全員にしていただけるように広げられるかが成功の鍵。家族で同じことを同じように対応してもらうこと、一貫性をもった対応が鍵です。どこのお宅でも家族全員に理解を求めることが一番難しいところです。

しつけ方教室に参加している学生もきっとこれからも家族に理解と協力を求める挑戦は続くと思います。いかに相手にわかってもらえるようにインストラクターの視線でお話しできるか。。。無理のない範囲で挑戦してみてください。・・・でも、環境設定などでの妥協も大切です。犬のしつけのことで家族にヒビが入ってはいけません。本末転倒ですね。犬は家族がもっとたのしく暮らすために向かえたはずですから。それにインストラクターならお客様とケンカをしてはいけないですものね。

また来週をたのしみにしています\(^o^)/

わたしもレポート添削がんばりますね(^_-)-☆
by 1212jeff | 2011-05-27 12:27 | Pups(job)

「コミュニケーションの前にコミュニオンがある」

b0211899_0281069.jpg昨日読んでいた本「詩と死をむすぶもの」詩人と医師の往復書簡 谷川俊太郎 徳永 進;朝日新書。
2年前に一度読んでいたのですが、そのときとはまた違ったところで感動し、ひらめきをいただいた。

<「音は、それが消えようとするときにしか存在しない」 アーシュラ・K・ル=グウィンの「ファンタジーと言葉」

谷川俊太郎さんが同じことを生と死についても言えるのではないかと・・・

「生は、それが消えようとするときにしか存在しない」。

そしてわたしは生きることは消えていく時間の中でなにをするのかだと常々思っているのですが、つぎに鶴見俊輔さんの

「コミュニケーションの前にコミュニオンがある」>

というこの言葉にわたしはそうなんだよ!!そうなんだ!と稲妻にあたったような古くて新しい感覚が刺激された。

「人と犬のコミュニケーションをとりましょう」といつも言っているけれど、コミュニケーションの前にいつも人と犬の関係が整っていないとコミュニケーションはとれないと思っている。
関係を整える部分もコミュニケーションではあるが、それは特定の行動形成をするときの一つの目的をもった条件づけとは違うと思っている。

コミュニオンを研究社・リーダーズ英和辞典で調べると「共有、親交、<霊的>交渉、交わり」とある。まぁ、<霊的>なというところはわたしにははっきりはわからないが、いっしょに暮らす犬の気持ちをつかみ、共有し、親交を深めることがなければ、コミュニケーションはとれないと思うのだ。
犬のボディランゲージから、その時の犬の気持ちをつかむことがなければ、人からの一方的な要求でしかなく、そんな強引な人のいうことに耳を傾けてくれるわけがないといつも思っている。


犬のいのちは短く、かならずわたしたちが見送ることになる。
犬は「生きるとはどういうことなのか、必ずやってくる死をどのように迎え受容(納得)するのか」という問題をわたしたちに提起し教えてくれているのではないかと思っている。
一つの時間が消えるときはそこに一つの死があり、その連続が生きること。
となりで寝ている犬とわたし。いっしょに暮らす犬とわたしの「今」の時間も同じこと。


人と犬が一つ屋根の下で暮らし、共有している人生の一時期を心豊かで、おだやかに、ときにはたのしく盛り上がり過ごせたらいいなと思い、またそのお手伝いが少しでもできることがわたしのしつけインストラクターとしての仕事と思っている。
by 1212jeff | 2011-05-22 10:41 | Pups(job)

コミュニケーション

b0211899_0281069.jpgきょうのプライベートレッスン、ご希望は外でのレッスンとのことなので雨で延期。そこで電話での質疑応答。
ご夫婦でお二人ともとても勉強熱心です。2度目に伺ったときも1週間のうちに扉を「開けて」の合図で開けられるようになっていたり、「ハウス」でクレートに入れるようになっていたり着実に進んでいます。ハンドアウトもよく読んでくださり、その時の質問は「消去と負の罰はどこが違うのですか?」by奥さま。すばらしいです(*^_^*)
きょうの質問は「罰はいけないんですか」byご主人・・・とてもよい質問です。
毎日の生活の中では、トレーニングが現在進行形の中での対処になるので、すべてがうまくいくはずもなく、その時の対処法が問題になってくるのが自然の成り行きです。日常生活の中できちんと取り組んでいる証です(拍手)。
罰がすべていけないわけではないので、2つの罰について、4つの学習のどこをどのようにたくさん使い、犬にこちらの希望を伝えるかもう一度確認。具体的な状況を伺って、対処の仕方を確認。次に電話を代わって、奥さまの質問にも答えます。
お二人が違う問題の同じところで、飼い主さんの希望を犬に伝えきれずにいらしたので奥様に「先ほどご主人にお話ししたところと同じところがあるので、お二人でよく話し合ってください」と伝えると「はい、情報交換します」とのこと。すばらしいですね(^_-)-☆

人も犬も情報交換が大切です。どれだけ多くの情報交換をして、お互いの誤解や勘違いを訂正できるかにかかっています。その過程がコミュニケーション。
言葉の意味、音の意味、音と行動、お約束=ルールの確認作業、その時の人の動き・表情も含めて犬は情報をキャッチします。犬にわかりやすくシンプルに情報を伝え、確認作業をするとよいです。
犬のトレーニングも結局は犬とのコミュニケーション。
はじめは人の動きの無駄を省き、シンプルにひとつの答えを確認しあって、正解のときには、大当たり~!!をだして犬に自信をつけてあげてください。
そして、少しづつ問題をむずかしくして、正解できる環境を広げてあげてさらに自信をつけてあげてください。
犬とのコミュニケ―ションをおおいにたのしんでくださいね(*^o^*)

※ 私のレッスンをとっていらっしゃる方からのご質問はどんどんお受けします。メールまたはお電話でどうぞ。
by 1212jeff | 2011-05-07 11:11 | Pups(job)

♥♥ 29日のベーシック1 しつけ方教室 参加のみなさんへ♥♥

b0211899_0281069.jpgまたまたドジを踏んでごめんなさい。穴があったら入りたいと言ったら、やさしいお言葉ちょうだいしました。「お部屋に入ってください(*^_^*)」 「穴を掘っておきましたよ(*^_^*)」 ありがとうございます&反省m(_ _)m



さて!トレーニングのお話しです。
A:
あたらしい行動を作る時の方法を二つ紹介しました。
1.フセを例に、お豆さんのデモでお見せしたフードを使って、どうしたらそのフードをゲットできるのか犬に考えさせる方法。目標とする行動を犬がとった時にマーカーを入れる。自発行動を強化し、犬が「わかった!こうするとgood!」って聞こえるのね(=^・^=)となったら、音の刺激(「フセ」)を入れる方法。
これはフードをもつ手の刺激をハンドシグナルへと移行させることとそれに対する犬の行動にマーカーを入れるタイミング、犬の理解を理解するところがミソ。きゃー、言葉でいうと難しいですね~。見ていた方はお分かりいただけると思います。

2.ヒールポジションへの誘導。ハンドターゲットを使って、目標とする行動へ導く方法。
これは飼い主さんの体の動きがミソ。犬なしで動きをマスターしてから取り組んだらとってもじょうずにできましたね(*^o^*)

B:
もうひとつ大切なこととして、目標に向かって、ヒントを減らしていくことを「オイデ」の練習でお話しし、デモをお見せしました。お家に帰って練習するときに、犬の理解に従って、ヒントを減らし、目標に向かってください(^_-)-☆
オイデだけではなく、どの場合も犬の理解に沿ってヒントを減らします。ヒールポジションへの誘導もターゲットの手や足の動きを、犬の理解にそって小さくしていきましょう。

というわけで、飼い主さんの理解が大切ということでした。
飼い主さんが犬にじょうずに伝えられると「なーんだ!簡単やねぇ~」という感想があったように犬はよく理解し、じょうずに動いてくれます。

みなさん毎回、それぞれの問題も解決し進歩していらしてすばらしいです(^o^)V

次回は「マテ」です。はじめて参加の方は、無理な予習はなさらなくてよいですよ。教え方がわからないからお教室にいらっしゃるのですから(^_-)-☆ 次回、お教えします。
2頭目の方は無理せず、できるところまで挑戦なさってみてください。

ワンコとたのしいゲームの時間をお過ごしください(^_-)-☆

※ この記事について、しつけ方教室に参加している方からのご質問はどんどんお受けいたします。お電話かメールでお願いいたします。
by 1212jeff | 2011-04-30 19:35 | Pups(job)

石巻動物救援センター・被災したJAHA家庭犬インストラクターの今

b0211899_0281069.jpg石巻で被災されたJAHA家庭犬しつけインストラクターの方がいらっしゃいます。ご主人は動物病院院長さんです。ご自身も被災されながらも被災直後から動物の救援活動をされ、現在行政をはじめさまざまな団体と連携をとり、石巻動物救援センターを立ち上げ、救援活動をなさっています。
JAHAは組織としてすぐに加入動物病院への義援金の呼びかけを行いました。またJAHAの獣医師・インストラクター有志は直後から駆けつけ、今も現地に入って活動なさっている方々もいらっしゃいます。こちらに紹介したHPも被災直後、「自分のできるこ」ととしてあるJAHA家庭犬しつけインストラクターの方が作成し、今も更新してくださっています。
動物救援のボランティアに行きたい方などへの情報も掲載されています。

ほかに福島でもJAHA関係者が被災されていると福島で被災した獣医師を友人にもつ方から伺っています。また、私の耳に入った情報として、新潟のJAHA会員の動物病院には被災地から避難していらした方々の動物の一時預かりでたいへんお忙しいと伺っております。これらさまざまなところで被災されたJAHA会員の方々、また救援に関わっている方々が、今、どのような状態にあるのかJAHAからの公式情報はありません。こちらの情報もJAHAの会員に対する公式情報ではありませんが、行政をはじめ多くの団体が支援されております(JAHAも支援団体のひとつに入っている)ので、同じJAHA会員として「自分ができること」のひとつとしてこちらの情報をお伝えすることにいたしました。
私のアンテナの感度が悪いだけかもしれません・・・。

長丁場になりますので、私も折を見てHPをチェックして、自分のできることを見つけていこうと思います。
by 1212jeff | 2011-04-25 12:45 | Pups(job)

インストラクター勉強会

b0211899_0281069.jpg昨日はインストラクターの勉強会。私は多頭飼育のハンドアウトをたたき台に全力投球。ひとりよがりにならず、仲間のフィルターを通してよりよい認識を持つために現場を持っている同業のものとのディスカッションは極めて大切なこと。また、共通の認識をもち、共通の言葉をもつことは人と人の間でも大切なこと。しかし、経験のないことはどこまでいっても想像の世界。また、経験を持っていてもひとつの言葉の持つイメージは人それぞれ。そこで大切なことが、概念規定。
経験値をあげることと理論をきちんと理解すること。この2つが、インストラクターの力量をあげる道。
ありがとうございましたm(_ _)m & お互いがんばりましょうp(^o^)q
by 1212jeff | 2011-04-23 14:24 | Pups(job)

アイドリング?  学生さんと私の社会化

b0211899_0281069.jpg昨日、連休明けに始まる専門学校の特別授業にむけて、実技の授業に参加させていただきました。1年間担当するのとは違い、1回3時間5回限りの短いお付き合いなので、その前に何度か足を運び、学生さんとお話できる関係を作っておこうというわけです。
担当されている先生に「遠慮なく、どんどん指導してくれてかまいませんから」と言われ、「いやいやお邪魔してはいけないので・・」などと殊勝なことを言っていたわ・た・し。が、しかし!案の定?!目の前で困っている犬と学生さんを放っておけず、体と口が動いてしまいました(^^ヾ 担当の先生、スタッフのみなさん、ありがとうございました。
学生のみなさん、一生懸命取り組んでいましたね。あっという間のたのしい3時間でした。来週もお邪魔しますのでよ・ろ・し・く!
by 1212jeff | 2011-04-22 09:22 | Pups(job)

♥♥ きょう、参加されたみなさんへ ♥♥   しつけ方教室

b0211899_0281069.jpg大失態!!ごめんなさい!!! 15時からだと思い込んでいました。。。 貴重なお時間をたいへん申し訳けありませんでした。
自主練、ありがとうございました。 今日の分は振替させていただきます。
ほんとうに、ほんとうにごめんなさい。次回は29日、10時ですね。お会いするのをたのしみにしていますm(_ _)m
by 1212jeff | 2011-04-20 11:55 | Pups(job)