気ままな日々

pups.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:犬(dogs)( 35 )

「たっのしぃ~♪ 」 by Rob & 貫太郎

  ことし二度めの雪だよ。
b0211899_11552013.jpg雪がたくさんふるところのママのおともだちは せいかつもたいへんだから うれしくないんだってママにきいたよ。にんげんはたいへんだね。
でも ごめん!ぼくたちはやっぱりたのしいんだ!

さっそくあなほりしちゃったよ♪
b0211899_122314.jpg
b0211899_1242865.jpg















雪のなかでボールで あそんだよ♪
なんてたって 雪のなかのボールあそびは すっごくたのしいんだ。
だってボールが”きえる”んだよ。
いま さがしているところ。
なぜ きえるかって?
ぼくたちのボールは こども用の なんしきやきゅうボールっていうやつ。
しってるかなぁ  白いんだ。
だから 雪の日のボールあそびは 宝探しにもなっちゃうんだ♪
鼻を つかうんだ!
目だけのママには みつけられなくても ぼくたちにはわかるんだ!すごいでしょう♪

きゃっほ~い♪ あった~!!
b0211899_1214160.jpg
ぼくも~♪
b0211899_12145573.jpg











解ける前は洗わなくても爪の中の土まできれ~いになるので大歓迎ですが、解けたときはアンダーコートの深い貫太郎はお腹の被毛の中までドロドロになるのできれいにするのには少しばかり閉口します (>_<)
Robはチビだから汚れても高が知れてます。。。
by 1212jeff | 2012-02-17 12:25 | 犬(dogs)

東日本大震災後はじめてのKeithの日に思うこと

きょうは8年前、Keithが突然旅立った日。
11年と1ヶ月と1日のすこし短い命でした。
その日の夕方までボールを追いかけ、みんなと楽しく遊んでいたのにあっという間に逝ってしまいました。


わたしはJeffを迎えてから足繫くブリーダーさんのところに通っていたので何度かお産のお手伝いをさせていただき、そのことを常に夫に話していました。すると夫もぜひお産を見たいといい、ブリーダーさんにその希望を伝えておいたのですが、「お産がはじまるのでどうぞ」と電話がかかってきたのがちょうど夫が休みの日でした。
Keith を取り上げた夫はにっこり笑って、「この子はうちの子だよね」と言ったのです。
2頭目を迎える予定などなかったのに、夫が休みの日に生まれたことがご縁で我が家の家族になったKeith。その日から我が家に迎える日まで、夫は休みのたびに、わたしはJeffを連れて1日とおかずブリーダーさんのところに通いその成長を見守り、お世話をしました。
b0211899_14314881.jpg
                         Keith 生後6日目

             わたしにイヌとの付き合い方をたくさん教えていってくれたKeith。
       君に教えてもらった「イヌのこと」は今もわたしの中に君との思い出とともに生きています。
                   心からの感謝の気持ちを送ります。ありがとう。
b0211899_01319.jpg
                            Keith 7歳
          Keithとわたしをよく知るお友だちから頂いたカードで今も心に残る一言があります。
              「Keithは最期までKeithの美学を通しましたね。すごい!」
            その通りだと思いました。Keithは最期まで駆け抜けていったのです。
                   これぞKeithというわたしの大好きな1枚です。

つづきをよむ
by 1212jeff | 2012-02-16 23:02 | 犬(dogs)

「血がさわぐぅ~!!」 by Doberくん & Rob

我が家のワンたちには大きすぎるけどかわいいから手に入れて飾ってあったたブタさん。
昨夏、お泊りに来ていたドーベルくんにちょうどいいので渡したら、お気に召していただき大きな口でガブガブ!
b0211899_12492249.jpgこのシリーズは丈夫が売り。なんてたって「WORLDS "TUFF"EST SOFT DOG TOY」、「世界で一番タフなやわらかいイヌのオモチャ」ってのが売り文句!(MYDOGTOY.COM)ドーベルくんの犬歯が刺さったところはキリで刺したように穴、でも三重構造になっているいちばん外側の表面のフリースだけ。耳の付け根は表面のフリースが延び、足も2本、パイピングされているところのフリースが延びた。すべて表面のフリースだけなので洗濯機で洗っても詰め物は出てこなかった。やはりかなり丈夫。

きのう、ほかにも修理が必要なオモチャがあったのでいっしょに修理を試みた。延びたところをつまんでチクチク、チクチク。二層目のレイヤーナイロンがカチカチなので縫うのもかなりたいへん!!指先が痛くなった!苦労の甲斐あってみごと復活!苦労したので使ってみたくなった。と言っても自分で咬んでみるわけにもいかず、きょう、ちょうど雨で気力体力十分のRobに渡してみた。
大きいので怖がるかもしれないと思い、いつものRob用の黄色いリングのものとブタさんをいっしょに渡してみた。

b0211899_15421553.jpgするとやはり新しいものには「探索」のスイッチが入るんですね^^(「探索」については「動物が幸せを感じるとき」参照) はじめはそっと触っていたものの相手が動かないとわかると、徐々に強く接触するようになり、なんとしてもガブガブ咬みたい様子。
b0211899_13173351.jpg

ブタの体を攻略しようとしていたが、くわえられるのは足と発見!足をくわえて自分の好きなところへ移動。
b0211899_15365459.jpg


b0211899_1541286.jpg













とうとう窓際に追い詰めて!?首の付け根の攻略に成功。
大きな口を開いて夢中。
雨でもたのしいことがあってよかったね!




※WORLDS "TUFF"EST SOFT DOG TOYはしつけ方教室を開催しているTree Cubicさんでも扱っています。硬さも1~10にわかれているのでイヌに合ったものを選べますよ。
b0211899_15575915.jpg








それでも貫太郎君はこんな堅いものは「いらない!!」といいます。。。イヌによるね!カミカミ(噛み咬み)が好きなワンコにはお勧めです!
by 1212jeff | 2012-02-14 16:29 | 犬(dogs)

NATIONALPOST NWES オオカミからイヌへ

Wolf-to-dog transition had little to do with humans, ancient skull suggests
【イヌの進化】状態の良い頭蓋骨の解析から、オオカミからイヌへの進化にヒトはほとんど貢献していないことが示された。オオカミはヒトが飼い慣らしたというよりは、勝手に人里に寄ってきてイヌになったという説。
by 1212jeff | 2011-12-19 22:11 | 犬(dogs)

Jeffの日

                    生後2ヶ月と12日  ゆずり葉をくわえて
b0211899_22222095.jpg
            お庭に出るとなんでもくわえて、動けばわたしに飛びついていました。。。



きょうはJeffが旅立った日。
ついこの間のような気もするが、数えてみるともう5年。
わたしの人生を大きく変えた存在。
Jeffが我が家にやってこなければ、今のわたしはいない。
Jeffと過ごした15年と6ヶ月。
どう対応したらいいのかわからず困り果てていた仔犬時代。
いっしょに東へ西へランドクルーザーに乗ってワークショップ、川遊び、山遊びにとキラキラ輝く時代。
突然立てなくなってしまいMRIまで撮ったにもかかわらず、現代医学では対応できず、鍼灸で復活したこと。
老犬になり好々爺となり広縁でいっしょに日向ぼっこをたのしんでいたゆったりとした時代。
そして、亡くなる一年前の胃捻転からの復活、それに続く要介護の一日一日がとても貴重な時間だった看取りへの覚悟の一年。
その時その時は必死だったが、今から思えばあらゆることを経験させてくれたJeff。

なにを言っているのか・・・わたしは犬の言っていることがわからず、犬はわたしの言っていることがわからない。犬とコミュニケーションがとれないへたくそなトレーニング。毎日、毎日Jeffを相手に一人相撲をとっていた。それに懲りずに付き合ってくれたJeff。
夫が「子どものころからLabと暮らすことが夢だった」といって迎えたはずが、わたしがどっぷりつかってしまった。犬のことに没頭するわたしになにも言わずその時間を与えてくれた夫。へたくそなトレーニングに付き合ってくれたJeff。夫とJeffの両者に心からお礼を言わなければならない。
ありがとう、夫。
ありがとう、Jeff。

b0211899_22464699.jpg
「きちんと立っているのはしんどいんですけど仕方ない。つきあいますよ」という13歳と3ヶ月。「セミナーで使う老犬の写真が欲しいんだけど」という友人の求めに撮影。確かに、顔には白いものが目立ち、後肢の加齢が見てとれる。

一生を通して、「種を越えて命とはなにか」「フェアであること」「よく生きるとは」「人と犬の相互作用とは」「枯れて死ぬということ」などなど多くのことを考えさせられ、教えられた。
いまも日々、飼い主さんにお伝えするときには君から学んだことが生きている。そして、わたしの動物としての壮年期、老年期の過ごし方のお手本にもしている。わたしもそろそろハードが傷んできているからね。君のように慌てず騒がずあるがままの自分を受け入れていかないとと思っている。
「忘れられないおくりもの」だね。
ありがとう。

12月12日は、夫とJeffに感謝する日。
by 1212jeff | 2011-12-12 23:52 | 犬(dogs)

Sunnyの日

きょうはSunnyの命日。
道路をパニくって走っているところを見つけて、遠目にはブラックラブと思い保護して4年、我が家でたぶん幸せに過ごして旅立った日。
亀の子束子のようなガサガサの被毛、爪は伸び放題で巻き、タコだらけの関節、骨が全部つかめるような状態だった。
「苦労したんだね。もう大丈夫だよ。わたしが温かい畳の上で看取ってあげるから」と約束してお世話すること数ヶ月。ピカピカのギャルに変身!
大きな体で抱っこが大好きだった。
たくさんのトリックも「あたし、できるもん!」とたのしそうにやっていた。
そんな時間も終わり、平滑筋肉腫で旅立ってしまった。
あとに来て最初に旅立った。
苦労した時間を温かい日差しの中でJeffやKeith、Robと広いお庭やお山を思う存分走ってたのしい時間を取り返すように過ごし満足して旅立ってくれたと信じている。

b0211899_20102488.jpg
b0211899_201611.jpgb0211899_20121971.jpg




















すべての命が出会った命のもとで互いに幸せのうちにその寿命がまっとうできることがあたり前になりますようにと祈る日でもあります。
by 1212jeff | 2011-11-22 20:39 | 犬(dogs)

Dog Show

FacebookでPatricia McConnell, Ph.D.さんが紹介していた動画。Facebookにアカウントがないかたにも紹介です。犬たちがとってもたのしそう!すばらしいトレーニング、トレーナーさんですね!




この犬たちはみんなシェルターから来たそうです(14日追記)。
by 1212jeff | 2011-11-13 23:15 | 犬(dogs)

貫太郎くん、お誕生日おめでとう!

b0211899_12264390.jpg貫太郎、15歳の誕生日、おめでとう。推定だからもう少し歳とっているかもね。でも、とにかく元気でよかった、よかった。

今朝もたくさん遊んで、ご飯を食べて、ただいま熟睡中。わたしが行っても気づかない。
これまで貫太郎はいつも部屋の角に敷いてあるマットの上で寝ていた。寒くなるとクレートに入る。

貫太郎をお外に出したあと、わたしは毎回、必ず丸めてある敷き物(3枚重ね)をきれいに直す。”まったくどうして丸めるんだろうねぇ~。まっ、好きなんだからしかたないね”と、1日に最低3回あるいはそれ以上やっているのに改善策をまったく考えなかった。ところが腰が痛くなりはじめたわたしにとって、この作業がすこし苦になってきた。”待てよ、カドラーをおいたらどうなるかなぁ・・・”と用意してみた。
やったね!ストライク!!丸める時もあるけど、丸めるのも一番上のバスタオルだけになった!カドラーのカーブが安心カーブなのかな。よかった!よかった!はやく気づいてあげればよかった。わたしもすこし楽になった^^;

でも夏には使わないかもね。まっ、それはそれでいい。
本犬が気持ちよく生活してくれればいい^^v
この1年も快食・快眠・快便で元気にいきましょうね!
by 1212jeff | 2011-11-01 12:59 | 犬(dogs)

カット後のRob

                  きのう、お口の周りをカットされたRob
b0211899_9485371.jpg
                  物音に気をとられ、「うん?なにかな・・・」 。
                                                             
by 1212jeff | 2011-10-26 09:57 | 犬(dogs)

Robの傷跡

今朝、全身をくまなく点検していたら被毛が固まっているので、なになに?とみると、なにやらかさぶたのもよう。
”こんなとこぶつけたっけ?”とすでに乾いて数日たっているようなので、様子をみながらひっぱってみるとポロリととれた。
b0211899_13361132.jpg
なれないカメラで撮ったのでピンボケ!




b0211899_13383279.jpg
傷跡はまんまる。ぶつけて切った場合はまんまるにはならない・・・うん?なに?・・・そこでやっと気がついた!
そうだ!この間の蜂事件の残滓だ!あれから腫れも引いて普通に足をついていたのでまったく忘れていた。
ここを蜂に刺されたのかな。
傷跡を見つけてなんだかほっとした。



b0211899_13422262.jpg







念のためイソジンつけて、はい、おしまい。
by 1212jeff | 2011-09-12 13:49 | 犬(dogs)