気ままな日々

pups.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:つれづれ(free)( 109 )

NHK ETV 特集 「アメリカから見た福島原発事故」

アメリカでは予想されていた事故、メルトダウン。

昨晩は8月14日放送の再放送でした。



全部を見るにはここから(1/6~6/6に分かれています)

NHKのものなので、いつかリンク無効で見られなくなるかもしれません。。。NHK番組コレクションに入れてもらえればいいのですが。。。


NHK ETV特集HPの中に訂正があります。こちら
by 1212jeff | 2011-09-12 08:48 | つれづれ(free)

きれいだった

b0211899_19414544.jpg

b0211899_19422692.jpg

b0211899_19425389.jpg









犬たちの夕方のお世話に外に出たとたん目に入りました。
北西の空に色も形もなんともいえないきれいな雲。
夕日が沈む西の空。
思わず、ちょっとまって・・・・とカメラ。


夕焼けを見る背中には月がでていました。
by 1212jeff | 2011-09-09 19:51 | つれづれ(free)

ふたつの11日

b0211899_17234380.gif忘れてはいけない日が来る。
2001年9月11日。
2011年3月11日。

2011年9月11日はまったくの人災。一つの理念がもたらした結果。
近いところではオーム真理教の地下鉄サリン事件、遠いところではナチズムのもたらしたホロコーストの悲劇。
日本も資源を求めて第二次世界大戦に参戦。当時の世論操作による狂気も同じことだろう。
その狂気に終止符を打ったのが長崎・広島への原爆の投下。
人が作りだした理念が人を動かし殺人さらに自爆を肯定してしまう現実。
果たしてそうだろうか。。。

つづきをよむ
by 1212jeff | 2011-09-09 11:24 | つれづれ(free)

電子媒体と紙媒体・・・やっぱり紙が好き

b0211899_12443750.jpg同じ記事を電子媒体と紙媒体ではずいぶんと違った印象をもった。
一つは「編集手帳」
もうひとつは「イギリス…名門大が「素人学者」募集」の記事。
(どちらも今朝の読売新聞)

「編集手帳」を紙媒体(新聞)で読むと34行の短い記事の中から歴史の重みが伝わり、今日という日が心に刻まれた。小さな囲みをぎゅっとつかんで心にしまう感じだ。または体ごとその世界に入るって感じかもしれない。
これを電子媒体で「見ると」、見ただけで「これ?同じ記事?」と違和感。囲みもなく、横書き。読んでもさらっとしたものだ。しかも、視野の中に他の宣伝もチラチラするということもあるのかもしれない。記事の世界に体が入らないって感じかな。

つづきをよむ
by 1212jeff | 2011-09-08 12:52 | つれづれ(free)

もっと早く知りたかった・・・リモコンコンセント・・・だけど。。。

b0211899_1046326.jpgいまも続いている節電行動。
我が家では使っていないコンセントはとにかくはずしまくる。
いらない電気の点灯(スイッチ オン)が習慣になっているところには張り紙をする。
習慣で付けてしまった場合、自分のときは”あっ!”と思い、再度消す行動をしてから目的を達する(2度手間になり行動コストがかかるのでやらなくなる)。
夫の場合は、わたしがすかさず使用中でも無言で外から消す(すごい嫌悪刺激!)行動が定着するまでは、行動を監視(夫がひとりで家にいることはまずない=部分強化はない)・・・これがすごい嫌悪刺激になったかも^^;
もう張り紙もいらないかな。。。

つづきをよむ
by 1212jeff | 2011-09-07 11:24 | つれづれ(free)

げっ!

b0211899_1956623.jpg本を夢中で読んでいた。
左腕の蚊に刺されたところがまだかゆい・・・右手をのばして、キンカンをつけた。
ヘンな感触、すーっとしない・・・なに?っと見るとそれは糊。あーあ。。

キャップを回して、ヘッドをポンポンという動作はおなじだもんなぁ。。。
太さが違うの気がつかなかった?・・・うん、気がつかなかった。
だって、さっきから同じところで同じ姿勢で本を読んでいた横に置いてなんどもそれなりに使っていたんだ。。。
途中でどういう風に入れ替わったんだろう。。。

気づけよ!!
by 1212jeff | 2011-09-06 16:06 | つれづれ(free)

ドナルド・キーン氏  89歳の決意  その2

b0211899_18305833.jpg4月23日から約4ヶ月
9月1日、成田にキーン氏が到着した。9月3日(土)の読売新聞朝刊に2日に行われたインタビュー記事が掲載された。ネットで同様の記事を探すも、後半がカットされていて見つからないので、仕方ないのでスキャンした。

「『源氏物語』足利義政の時代から、これほど生活の中で美を重んじる文化は他国に見当たらない。美意識さえ心にあれば、形あるものをなくしても必ず再建できる」。

果たして、キーン氏の思うほど日本人が日本人として心の中にその美意識を持ち続けているだろうか。
地方に根付いた祭りをみると地方にはキーン氏の言うところの美意識は確かに残っているように感じる。が、都会では高度経済成長の中で忘れてしまったことがたくさんあるように思う。都会に住み、目は外へ、上へと向いて足元を見ずにきたものは、異国の人であったキーン氏にその目を内に、足元へと学ばなければならない、きっと。
わたしもその一人だと思う。

4ヶ月前は88歳だったのに89歳になっていた。ちょっとショック。歳は必ず増えていくけど4ヶ月の間に一つ増えていたからすごく早く感じてしまったのね。。。1922年6月18日生まれだった。これから日本で、たくさんのお話しを聞かせてほしい。
アメリカンにジャパニーズの再教育を頼むって皮肉だけど。。。もうすぐ彼は日本国籍になる。
by 1212jeff | 2011-09-05 19:15 | つれづれ(free)

NHKスペシャル 「脳がよみがえる ~脳卒中・リハビリ革命~」

昨晩、NHKスペシャル 「脳がよみがえる ~脳卒中・リハビリ革命~」を見た。
半年を過ぎてリハビリの壁にぶつかった男性が、鹿児島大学病院に入院し、60日間に及ぶ川平法によるリハビリに取り組んだ。川平先生とご本人の努力で動かなかった手首、指先が機能を回復していく様子を見た。彼がうれしそうにコップをもって口に運び、手首を返して飲む動作ができた時にはTVの前で思わず拍手をし「すごい!すごい!」とエールを送ってしまった。また自室でティッシュの箱に穴をあけて釘を入れるという自主トレのシーンでも思わず「エライ!すごい!」とそのやる気と成果に再び拍手。さらに退院を翌日に控えて行った機能回復テストで、入院当初まったくできなかった平面に置かれている細い棒(自主トレでは釘を使用)を15cm位離れたその棒の直径の穴に差し込む動作に再挑戦。次つぎに成功し残り1本。画面からも焦りが伝わってくる。みているわたしは「すごい!すごいよ!大丈夫、できるから慌てないで、慌てない、大丈夫だから、慌てないでゆっくり~」などと応援してしまった。時間切れで最後の1本は残ってしまいご本人はとても悔しがっていらしたが、わたしは「すごい!すごいよ~!!最初は1本もできなかったんだから~」と画面のこちらでその進歩を讃えていた。試験担当の方が、にっこり「合格です」というと満面の笑みが広がった。

つづきをよむ
by 1212jeff | 2011-09-05 17:53 | つれづれ(free)

防災の日

b0211899_23554350.jpg朝からNHKラジオが防災の日にちなんだ話をしていた。
3月11日、当日の混乱したラジオ放送を流したり・・・。

流れる話をよそに頭の中は、あの日のこと、それから今日までのことをいろいろと思いだしていた。どういう頭の回路か、渡辺憲司先生(立教新座中学校高等学校長)の卒業式を中止したときの卒業生に送るメッセージが浮かび、あの時の感動がふーっとよみがえってきた。はじめて読んだのはインターネットだった。「本」として手元に置いておきたいと思い、すぐに手に入れた。きょう、いま一度読んだ。

つづきをよむ
by 1212jeff | 2011-09-01 22:46 | つれづれ(free)

あざらしを飼った?

冷蔵庫を開けるとしゃべる
b0211899_141517100.jpg

裏はこんな感じb0211899_14162125.jpg


今のところ聞いたのは6言。
「ヤッホー!」。
「早くしめて~」
「暑いよ~」
「元気?」
「どうした?」
「なにさがしているの?」

わたしは出すものが決まっているときにしか開けないが、夫はなんとなく開けてみることがある。
わたしは入っているものを知っているが、夫はわたしが補充しているものを知らないから、なに
かうまいものはないかと開けてみる。この違いで開ける時間も長くなる。
「なにさがしているの?」とはいつもわたしが言っている言葉だったので、二人で大笑い。
効果的ね、きっと♪

Fridgeezoo 他にもペンギン、セイウチ、シロクマなどいろいろある。
by 1212jeff | 2011-08-21 14:30 | つれづれ(free)