気ままな日々

pups.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2011年 08月 07日 ( 2 )

よく泣いた一日

昨日はよく泣いた
広島平和記念式典の中継をみて泣き、高校野球の入場行進の放送を聞いては泣いた。高校野球の入場行進で涙が出たのはアナウンサーが「全員が一斉に前に進んでいます。壮観ですね~」と言うのを聞いて、学徒出陣の映像を思いだしてしまったからだ。「出陣」した若者の無念と今こうして溌剌と野球をできる・見られる幸せ。その両方に涙が出たのだと思う。
そして、3.11に被災した宮城県、気仙沼向洋高校3年、斉藤弘樹投手がつとめる始球式。彼の高校は県大会の2回戦で敗退している。粋なはからいで甲子園で1球投げられることになった。あこがれの甲子園のマウンドに立ったその緊張と歓びが画面から伝わってくる。「大丈夫か。そんなに緊張して・・・」と思って見ていると、1回戦の守りについている3塁側の日南学園の生徒がなにか声をかける。あまりの緊張が伝わったのだろう。それにこたえて深呼吸をしほほ笑む斉藤投手。その若い二人のようすに涙が流れた。


b0211899_14505483.jpg午後は平和都市宣言をしているわが町の企画 「平和を考える映画会・朗読会・ユネスコ資料展」に行った。
「イチローへの手紙」の朗読を聞いては泣き、映画「父と暮らせば」井上ひさし原作:娘・宮澤りえ、父・原田芳雄)を観ては泣いた。

わたしが学徒出陣の映像が強烈なのは、映像に触れた頻度と父がよく話していたことがベースになり映像が父と重なるからかもしれない。

お勉強したときの記憶を長持ちさせるコツは、その日のうちに一度復習、1週間後に再学習、1ヶ月後に再学習だそうだ。NHKラジオの「夏休み子ども科学電話相談」で篠原菊紀先生(諏訪東京理科大学・脳科学)が子どもに教えていた!

原爆と戦争の悲惨さを追体験で記憶にとどめるには、一年に一度では足りないね。
by 1212jeff | 2011-08-07 15:53 | つれづれ(free)

きょうの貫太郎とRob

貫太郎
今年15歳になる貫太郎君。
我が家にきて9年になる。
この半年でずいぶん目が白くなり、耳もとおくなった。
寝ているところに近ずいてもまったく気づかない。
b0211899_13271626.jpg
驚かせてはいけないので、小さな声でよびかけ、少しずつボリュームをあげて呼びかけるようにしている。
「貫太郎、お外行くよ~♪」と言うと、「うんにゃ~」とぼちぼち起きる。お外に出て、エンジンがかかると元気に走る。
無理ない範囲で、思いのたけたのしくやっていってね~♥

       ただいまお昼寝中



Rob
今年11歳になったRob。
夏、遊んだあとは必ず水浴びをする。
水受けに自分からポーンと飛びこむ。
向きを変えじょうずに全身を冷やす。びしょびしょ。
b0211899_13431614.jpg
小さい犬はいいね!と思う。
これだけのスペースで済むし、拭くのも簡単だ。
なんどでもどうぞ~♥
b0211899_13451142.jpg
                                                いい筋肉してますね~
by 1212jeff | 2011-08-07 13:53 | 犬(dogs)