気ままな日々

pups.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2回目の11日

朝食での会話。
「きょうで2ヶ月だね」「そうね。2時46分ね。祈ろうね」。

きょうは朝からあの日のこと、あの日からのことを思い、その時を意識して過ごし、14時46分に合掌。祈りました。
b0211899_17442599.jpg



毎月11日はあの日を思い、いま自分にできることを再確認する日です。

被災地のみなさんががんばっているのですから、被災しなかったわたしは元気に日常生活を送り、できる限りの支援と国の動きに目を光らせることにします。

そして、3月11日が投げた問い、「ほんとうに豊かな暮らしとはなにか?」ということを考え、実行していこうと思います。

さて、ツイッターで追いかけていて知ったことのひとつです。福島原発事故における動物への対応問題の動き。
福島原発の緊急避難地域に残された動物が問題になり始めた4月22日IFAW(国際動物福祉基金)が福動物救済サミットを東京で開催すると発表していました。
その会議が先日5月2~3日に開催され、日本からも6人の獣医師が出席し、「福島県原子力発電所の事故における動物への対応について -専門家会議提言-」を発表し、関係省庁・官房長官・議員・記者クラブに配布したそうです。pdfが開けない方はこちらで(会議に出席された先生のHPでの掲載です)。

注意; 提言の後半部分、添付資料のp.11以降には悲惨な動物の写真があります。現実ですが、見るか見ないかはご自身の心に聞いてからになさってください。お知らせしないと資料を追って読み進んでいる方の意に反して強制的に視覚に入ってしまいますので添付したものの責任としてお知らせします。最後の2ページには、「福島第一原発事故による被災動物救援のための民間ボランティア団体ネットワーク構成団体一覧があります。

もうひとつ。ツイッターのつぶやきで牛や馬の救出に動き始めた議員さんですが、それだけにとどまらず避難地域のペットの連れ出しのことにも積極的に動いてくださっていた玉木議員。その玉木雄一郎(42歳)衆議院議員(民主党)のブログです。
TVでも福島第1原発事故 住民の一時帰宅にあわせ、ペットの連れ出しも順次実施へと伝えましたが、現実は待ってくれず悲しいことがたくさん起こっています。
「助かる命だったのに・・・」川内村一時帰宅  毎日、あそこの動物たちはどうしているだろう・・・そう思ってはいるものの、こうして記事を読むと現実のこととして心に迫り、涙があふれました。

行政、関係各機関には、わたしにはいまどうすることもできない原発事故の一日も早い終息とそれまでの数ヶ月に及ぶという時間の中で起こることへの対応、とくに緊急避難された方々、計画的避難区域の方々そこに生きるすべてのいのちへの心ある対応を望みます。


b0211899_17565064.jpg

3月11日に亡くなられた方、さまざまないのちがやすらかなることを心より祈ります。合掌
by 1212jeff | 2011-05-11 18:27 | つれづれ(free)