気ままな日々

pups.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

スーちゃん。。。さようなら。。.ありがとう。

田中好子さんが亡くなりました。55歳。乳がんだったそうです。周知の事実だったのでしょうか?わたしは彼女が乳がんだったことはまったく知りませんでした。
逆算すると36歳のときに病を得て、19年間、病とともに生き抜いたということになります。
NHKの「ちゅらさん」のお母さん役をしていた時もすでに加療中だったのですね。。。

asahi.com朝日新聞、どらく(DO楽)、2007年6月のインタビューです。
読み返してみると、死を意識しているからこそ、「人生最大の投資は時間」、「田中好子!フル回転して生きている」「チャレンジすると新しい自分に出会える。それが楽しいから、仕事に限らず、興味を持つとすぐ行動するようになりました。怖いものがなくなったというか」と答えられたのだと感じます。

<病を得ていようがいまいが、人は必ず死のときを迎える。
それが病を得ることで現実味をおびて感じるのか、歳を重ねることで現実味をおびるのか、身近なものを失ったことで現実味をおびるのか・・・。それをどこまで深く感じるのか・・・自分の死との距離感。>
それはそれぞれの環境と経験値と感受性によるのだと思います。漠然と思い浮かべる死ではなく、現実としての死を考えた時に、人はよりよく生きることができるのだと思っています。
スーちゃん、わたしも「毎日全力投球。明日死んでも悔しくも惜しくもない」です。

ご主人が「最後の会話は私の中にしまっておきたい」と言われるように、きっとスーちゃんは最愛のご主人とすてきな別れができたのだと思います。そして、やさしいきれいなお顔で旅立たれたのではないかと思います。
スーちゃん、いつもやさしい笑顔とやさいいことばをありがとうございました。
さようなら。。。ありがとう。





大手毬(おおでまり)のつぼみがひらきはじめました。やがてまっしろに毬のようになります。
b0211899_13372517.jpg

by 1212jeff | 2011-04-23 13:27 | つれづれ(free)