気ままな日々

pups.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

祈り

今、こんなことを書くと叱られるかもしれません。
でも、私はこうせずにはいられないのです。
祈ります。
思いがよぎったときに手を合わせ祈ります。
人知れず逝くのではなく、その一瞬に
誰かがどこかで手を合わせている
それはきっと届くと思うのです。


祈ります。

「今まさにその肉体が
命を閉じなければならない限界にきている動物たちの
その死にあたり
どうかその魂が安らかに旅立てますように。
どうかやすらかに旅立てますように。」 拝


体といふ 宅はなるれば 天地と 我の間に 垣一重なし    橘曙覧(たちばなのあけみ)
(たいという たくはなれれば あめつちと われのあいだに かきひとえなし) 
     
by 1212jeff | 2011-04-17 17:10 | つれづれ(free)