気ままな日々

pups.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

徹子の部屋に佐良直美さん出演; 「避妊・去勢の徹底を!」

b0211899_0281069.jpg「徹子の部屋」に佐良直美さんが出演されました。犬を連れて出演とのことなので今か今かと犬の登場を待つ。「世界は二人のために」にはじまり、その頃のお話しが続く・・・しかたない・・・。だって、今日のタイトルは「27年ぶり歌手復帰」ということだもの。「世界は二人のために」は私が中学2年のときのレコード大賞新人賞。

新曲のレコーディングをお断りするために策を練ったはずが、実現してしまったいきさつも・・・。新曲「いのちの木陰」のPVが流れる。ひろーい牧場の中、馬と犬と笑顔の佐良さん。ステキです。もちろんお歌もステキです(PVはhappy life with PUPS しつけ教室インストラクターの気まぐれブログからご覧になれます)。

でた!!待つこと約30分。やっと犬の話です。
静かな犬たちを前に徹子さん感心しきり。
犬たちの出番は少なかったのですが、最後に徹子さんの「年間27万頭の殺処分にに対してどうすればいい?」という問いに、佐良さんの「それは飼い主の意識の向上、避妊・去勢の徹底。特に猫に関しては室内飼いを徹底して欲しい」という一言は、今日の私の最高の3秒でした\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/
マスメディアでのこの一言に大きな影響を期待します。


「徹子の部屋」のファンのみなさーん!私からもお願いします。
ワンちゃんと一緒に生活されていてまだ避妊・去勢をされていないようでしたら、ワンちゃんの年齢と体調が適切であれば、避妊去勢手術をしましょう!それは、ささやかでも「私は不幸な犬を出さないと決めたのです。この子を愛しているからこの子のストレスを軽減してあげたのです」という社会に対する意思表示にもなります。



ご縁;
私が佐良直美さんにお会いしたときは、すでに那須でAFC(Animal Fanciers Club;アニマルファンスィアーズクラブ)をなさっていました。私は自分なりに犬の勉強をはじめ、犬のトレーニング方法・理念から行きついたのがAFCでした。那須でお会いするまでTVで見ていた佐良さんとAFCの佐良さんをイメージで結ぶことはできませんでした。

忘れもしない1995年の旧天皇誕生日(現緑の日)。
未去勢の2頭のオス♂、Jeff&Keithを連れAFCのトライアルに参加。パフォーマンスと呼べるものはひとつもなく、2頭ともただただジムの床の臭いをかいで終わりました(^^ゞ
あの日、「いらしゃいませ~」と笑顔で迎えてくださった佐良さんを見て、緊張したこと、’あの佐良直美さんだ!ほんとうにいた!’と思ったことをおぼえています。私の中ではTVで見る歌手の佐良直美さんなのですから!
今から思えば、未去勢のでっかいオス♂犬を連れて、”無謀”にもトライアルにエントリーした暴挙を笑顔で迎えてくださり、そのあとから始まるGWキャンプにお誘いいただいたことが、私の新たな人生のはじまりでした。
それから2004年まで9年間、AFC会員としてほとんどすべてのキャンプに参加してで学んだことが家庭犬インストラクターとしての礎になっています。


毎日繰り返される殺処分に対する私の答えは、インストラクターとして出会った方々に現状と飼い主としてできることを伝え、実行していただくことです。
そして、しつけ方教室を続けることで「人と犬が互いが苦にならない、犬とのたのしい暮らし方」「飼い主の仕事」を伝えることです。
そうすることが今の私を築いてくださったたくさんの先生方、友人、犬たちへの恩返しであり、社会貢献だと思っています。


16年前、あの時佐良さんに「このあと、GWにキャンプがあるんですけど、ご一緒にいかがですか?」と声をかけていただかなければ今の私はなかったように思います。佐良さんのレッスンは受けたことがありませんが、そういう意味では、やはり佐良さんは私の先生なのだと思います。
佐良先生、ありがとうございました。
あわせて当時AFCのスタッフをしていらした金子真弓さんにもたいへんお世話になり、たのしい時間を過ごさせていただきました。感謝・感謝(*^o^*)

これからも自分の持ち場で力を尽くします。


b0211899_1639056.jpg















             佛の座
by 1212jeff | 2011-04-15 16:45 | Pups(job)