気ままな日々

pups.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2011.3.29.朝日新聞夕刊に掲載された松浦寿輝さんの詩

「afterward」               松浦寿輝
                             

惨禍の一瞬が私たちの生を
「その前」と「その後」とに分断した
なぜ彼らは 「君たちは」そんなに
平静なのか 平静でいられるのか と
ある知り合いのフランス人が言った
呆れたように なじるように
そう見えるだけだよ と私は答えた
しかしもし平静と見えるのなら
それはとてもよいことだ とも
なぜなら「その後」をなお私たちは
生きつづけなければならないから
悲嘆も恐怖も心の底に深く沈んで
今はそこで 固くこごっている
それがやわらかくほとびて 心の表面まで
浮かび上がってくるのにどれほどの
時間がかかるか 今は誰にも判らない
それまで 私はただ背筋を伸ばし
友達にはいつも通りに挨拶し
職場ではいつも通りに働いて
この場所にとどまり 耐えていよう
心の水面を波立たせず 静かに保つ
少なくとも保っているふりをする
その慎みこそ 「その後」を生きるものの
最小限の倫理だと思うから 


松浦寿輝(まつうら・ひさき)氏:1954年生。詩人、小説家、フランス文学者。




b0211899_8213715.jpg




        










 
                                      雨にけぶるひめこぶし之圖 
by 1212jeff | 2011-04-09 08:02 | つれづれ(free)