気ままな日々

pups.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

クレートトレーニングって、いいこといっぱい\(^o^)/

b0211899_0281069.jpg
クレートトレーニングとは「いつでもどこでもクレートに入って、一人(頭)でもリラックスしていられるようになること」です。犬の一生の中で、さまざまな場面でとても役に立ちます。クレートは犬のマイベッドルームです。愛用のベッドのあるお部屋ごと移動できるなんて、私たちより条件がいいかも!

1.仔犬のときは寝床とトイレの区別をつけるのに役立ちます。
   「クレートでは寝ること」を、そして排泄は「トイレに行くこと。トイレの場所とその合図」を教  えることができます。

2.一人(頭)でいられるようになります。
   仔犬のころからクレートトレーニングの一つの場面として、飼い主さんがいなくなることを  段階をおって、環境を変え練習すると、飼い主さんがいないところでもじょうずに一人でいら  れるようになります。

3.限られた空間で必要以上のストレス(バリアストレス)を感じることなくいられるようになります。
   入院するとき、トリミングサロンに行ったとき、先方では必ず犬舎で待機になります。クレ   ートトーレニングができていれば、ストレスにならずにいられます。

4.旅先でも安心です。
   クレートトレーニングができていれば、一般の旅館やホテルでも宿泊可能なところもあり  ます。また犬と泊まれるペンションであってもお部屋においていくときにクレートにいること  ができれば、犬も飼い主も安心です。

5.車の中でも安全です。
   交通事故の際、フリーで同乗していた場合とクレートに入って乗っていた場合では、怪我  の度合いが違います。もちろん事故の度合いにもよりますが・・・。急ブレーキを踏んだだ   けでも小さな犬はシートから飛び出してしまいます。クレートに入ってれば、シートから放り  出されることはありません。クレートを固定しておけば安全です。

6.緊急時、環境が許せば一緒の避難所にいることができます。
   世の中のすべての方々が犬を気持ちよく迎えられるものではありません。犬を不快に思  う方もいらっしゃいます。災害にあったときなど極めて厳しい状況の中でもクレートに静か   に入っていることができればば、犬の存在を必要以上に気づかうことなく同じ空間にいるこ  とができます。

7.もしも飼い主とはぐれて動物救援組織に保護されたときクレートで管理をしていただけます
   事態の推移における環境によっては、必ずしもクレート管理をしていただけるとは限りま  せんが、環境があればクレート管理をしていただけるでしょう(個人の方に保護された場合  も同じです)。犬は慣れなれない環境の中で心細いときに、少なくともクレートに入っている  ことができれば身の安全の確保を感じることができ、少しの安心を得ることができます。
  

いつでもどこでも一緒におでかけ(*^。^*)
でも、一人(頭)でもいられるよ=^・^=

よいこと満載のクレートトレーニング\(^o^)/

詳しいトレーニング方法は、お近くの家庭犬しつけ方インストラクター、しつけ方教室などでお尋ねください(*^^)v

※この記事に対する質問はブログ上ではお受けできません。ごめんなさい。

                 © Copyright Kyoko Namiki, All Rights Reserved
by 1212jeff | 2011-04-01 02:26 | Pups(job)